すべての命に希望ある未来を

私は『子宮生命学』という新しい女性の子宮を守るための学問という位置づけで、世の中の人に自分の命を、大切な子供の身体を、そして未来に生まれてくる命を守るために、学問として私たちが学んで来なかった子宮に対する知識を多くの方にお伝えしています。

私が柱としている、すべての生命の土台である土壌を元気にしていくこと、女性の体の仕組みをまず皆さんに知識として学んで頂きたいということ。そしてきちんとした性感染性や性について知ってもらいたいという強い思いがあります。自分が歩んできた道なり、経験してきた病気だったり、辛い思いはありましたが、そこから一冊のバイブルにまとめて学問とした位置づけで皆さんにお届けするのは、
知らなかった。知っていたらを無くしたいのです!!

関連記事

  1. 避け続けてきた問題に向き合う

  2. 『命の教科書』『子宮生命学』を出版

  3. 立川市民の皆様

  4. 東京東大和ロータリークラブにて

  5. 立川駅北口・南口で活動報告

  6. 明けましておめでとうございます

  7. 日本は世界の流れに逆行している

  8. 政治団体設立届を都庁に提出しました!

  9. 出身地に来ています