人は自然界の一部

今朝は、環境保全活動の一環で、野火止用水の
清掃に参加しました。
年に1回、近隣6市が一斉に清掃活動をします。
立川市の野火止用水領域は200〜300mと短く
あっという間に終わってしまいました。

途中、ほうれん草の収穫をしている農家さんに
お話しを伺いました。(写真左下)
6連を4人の方が5日かけて、手作業で収穫します。
出荷先は、立川市をはじめ近隣のイトーヨーカドー
5店舗なのだそうです。

別の農園では、果物や野菜さんが山積みに。
これはまた肥料として土に還っていく” 命 ” の
はずなのですが、匂いがするからと近隣からの
クレームが絶えないのだそうです。(写真中央)

少しの時間、歩いて観察するだけでみえてくる
色々なこと。
人は自然界の一部で、全ての命はひと繋がりだと
いうこと、命をいただいていることへの感謝を
忘れないでいたいですね💗

関連記事

  1. 避け続けてきた問題に向き合う

  2. 東京東大和ロータリークラブにて

  3. 諏訪神社のドンドン焼き

  4. 子宮頚がん検診と正しい知識の徹底を!!

  5. 農業視察

  6. 出身地に来ています

  7. 政党名すら呼ばれない現状

  8. すべての命に希望ある未来を

  9. 日本は世界の流れに逆行している