すべての命に希望ある未来を

4月から、消費者庁は食品の成分表示に
「食品添加物表示制度」改正を発表。
食品メーカーは今後、商品パッケージに「無添加」
という表記を使えなくなりました。

みそや野菜飲料など ” 無添加 ” 不使用 ” と表示されて
いる製品が市場から消えることになります。

「できるだけ添加物は避けたい」と、表示を頼りに
購入していた消費者にとっては痛手。
農薬規制緩和しかり日本は世界の流れに逆行している。

今、生産から消費まで、国民全体の食料安全保障の
あり方が問われていると思います。
食料は命の源。そしてその源は「種」
生命の命の源は「子宮」です。

地域で育んできた大事な種を守り育てることで
その産物を活用して、地域の安心安全な食文化を守り
すべての命に希望ある未来を築こうよ

関連記事

  1. 子宮頚がん検診と正しい知識の徹底を!!

  2. 政治団体設立届を都庁に提出しました!

  3. 出身地に来ています

  4. 『命の教科書』『子宮生命学』を出版

  5. 明けましておめでとうございます

  6. 東京東大和ロータリークラブにて

  7. ツリヒロトークライブ

  8. すべての命に希望ある未来を

  9. 避け続けてきた問題に向き合う